2018年9月アーカイブ

9/1ボランティア活動

岡山は雨。他の仲間も合流し、12名の参加。
1536061363677.jpg
1536059054067.jpg












今日の現場は真備町の民家。
被災したままの状態で残っている箇所もあり、外の扉には「生きています」とマジックで書かれた生々しい 痕跡もあった。
家内に流れ込んだ土砂を掻き出し、泥壁を剥がし、洗浄して消毒する。まだまだ時間がかかりそうだ。
家主の想いが被災した家屋のそれぞれに向けられていることを想像すると、言葉にならない。そこに痛む心があるならば、ひとつひとつ丁寧に救われて欲しいとただただ祈るばかりである。
午後3時過ぎ、ひととおり作業を終えた
民家を後にしようと車に乗り込み、鍵を回すもエンジンがかからない。
バッテリーが上がった。

1536061367688.jpg
困ったことにブースターケーブルがない。
やむなく歩いて回ると人気のある民家があり、
事情を話すと二つ返事でケーブルを貸してくれた。
「困った時はお互い様よ!ボランティア作業ありがとう!」
と笑顔で返され、逆に励まされてしまった。
ここに尊い精神を見た。


自分だけがよければいいという考えでなく、他者を助けようとする心に人間本来の在り方を垣間見た気がした。

現地には報道ではわからない現実がある。
まだまだ復興はこれからだ。
少しでも被災者の心に寄り添う支援ができればと、心から願う。


1536059029010.jpg
1536059066518.jpg1536059069711.jpg1536059061974.jpg
Send LOVE Projectからは10名が現地入り。

それぞれ被災地でボランティア活動に従事。

                        
1536059072350.jpg
1536059075795.jpg
1536059078223.jpg









1536059031748.jpg




1536059034087.jpg











うち数名は倉敷市役所へ。
市議の若林議員と面会。我々の活動について
熱心に話を聞いてくれた。


1536059036885.jpg






そして生水哲男(おみずてつお)副市長へ
義援金を直接お渡しする。





1536059039643.jpg





行政としての対応や今後の見通しなどを伺った。
これから物質的はもとより、精神的な支援が必要になってくるだろう。
行政とも支援の協力体制を敷いていこうと思う。










____________________________
庁舎を後にし、災害ボランティアセンターへ。

1536059043113.jpg


ここは大学の体育館を借りて、ボランティアの受け入れを
展開している社会福祉協議会の拠点。ボランティア参加人数は延べ4万人を超えたとのこと。

しばらくして職員の方との打ち合わせ。
現地の状況は刻一刻と変化しており、住民らは精神的な苦痛は増していく。
人々が集まるコミュニティー、現地の方々が活躍できる場所が必要だ。
商いをしていた方も店を閉じ、場所だけが残っている。



1536059045646.jpg




我々の出張カフェの出番だ。
人々が少しでも心の重荷を降ろせる場を提供する。それを現地の方々と一緒に作り上げる。
これをすぐに実現しなければならないと思った。










1536059048170.jpg
センターを後にし、外を見上げると大きな虹が出ていた。
希望を捨ててはならない。
そう語られているようだった。

8/30(木)岡山へ向けて仙川KICK BACK CAFEを出発


朝は9:30に我々の所有する車に乗り込み出発。
新倉敷についたのは20:00。
現地で一泊する。

(スタッフ・柳田曜兵)

7/31(火)ボランティア拠点入り

Send LOVE Projectの一員であり、一般社団法人つながり岡山支部長を兼任するスタッフ・川崎健太のいる拠点へ。

ここには全国からボランティアが集まり、この日は20名強の方が集まっていた。
朝礼がはじまる。
Send LOVE  Project代表 ・石井希尚(通称マレ)の著書「明けない夜はない/Discover21社」 「超訳聖書 生きる知恵/Discover21社」および支援金の贈呈式。
1536139173468.jpg
1536139178214.jpg





























支援金は燃料費など、現地の必要のためにお使いいただきます。
その後、被災地の真備町へ赴き、民家の復旧を手伝う。


作業は昼まで手伝い、美観地区へ。
このあたりは全く被害が無いにもかかわらず、辺り一面閑散としている。
現地の商店も風評被害に頭を悩ませていた。
1536139182549.jpg
1536139187111.jpg
1536139190459.jpg

























美観地区を後にし、市内の社会福祉協議会の事務所へ。
職員の方とお会いすることができた。

各所からの問い合わせが相次ぎ、その対応に追われているとのこと。
今はとにかく土砂出しが最優先。
次に仮設、失業対策、メンタルのケア、と必要は日々変化していく。
その中で一緒に何か作り上げていくことができるかもしれない、とのこと。

現地の必要に沿って、我々が力になれることがあればと願うばかりだ。

7/30(月)岡山視察レポート


1536054824620_1.jpgのサムネール画像
(スタッフ・柳田曜兵)
7/30(月)岡山入り
台風が過ぎ去り、フェーン現象による猛暑。
1536055186904.jpg
被害のあった真備町や矢掛町から山をはさんで隣に位置するK学校に到着。
HEAVENESEのドラムIKKIの同級生である、吹奏楽部顧問のS先生に会う。夏休みの学校は人気がなく外のグラウンドで野球部が熱心に練習をしている。階段でエアコンの効いた4Fの音楽室まで向かう。騒音級のセミの鳴き声。
部屋に入り話を伺うと、卒業生や職員の中にも被災者がいて、生徒もボランティアに行っているとのこと。
S先生自身も、いまだに信じられないといった様子。
先生のご厚意で、社会福祉協議会の職員の方をご紹介いただく。

学校を後にし、S先生の車に乗って、被災地の真備町を横断する。町の泥や土砂は、当初と比べ随分片付き、通行止めも解除されているが、道の脇には瓦礫の山。


1536054828766.jpg






当然民家には誰もおらずゴーストタウン化。被災者はすでに隣町にアパートを借りて住んでいる人もいれば親戚の家に寝泊まりしている人、避難所にいる人も。

記録的な猛暑で豪雨後の3連休で60人以上が熱中症で死亡。
ボランティアはおよそ1000人が緊急搬送とのこと。




   










1536054833544.jpg
暑さによる二次災害。そのような中で、現地のコンビニはいち早く復旧したようで、食料品も含め、通常通り営業している。
町全体に漂うドブのような匂いが鼻をつく。

1536054836604.jpg
1536054838678.jpg













真備を横断し、地元の楽器店へ。
今後の協力体制をお約束いただいた。
トビラ.jpg



22日に行われた西日本豪雨被災地支援チャリティーに

沢山のご来場ありがとうございました。








参加して下さったミュージシャンの皆様ありがとうございました。

会場には176,216円の寄付金を頂きました。

1円も無駄にすることなく、岡山にて被災地支援ボランティアをしている

現場の活動の支援及び、真備町への義援金として確実に届けます!

ボックスの写真.jpg


参加して下さったキックバックカフェゆかりのアーティストは以下のとおり。


masanori koide.jpg





往年のフォークシンガー小出政則

小出正則プロフィール







                                

yun.jpg





 マルチタレント ユン・ハンシン 

ユンハンシン ブログ










佐藤誠.jpgのサムネール画像





凄腕ギターリスト 佐藤誠

佐藤誠 オフィシャルウェブサイト

















37776210_10216103772857882_3240895163790262272_n.jpg


sources.jpg



3人組クラシカルユニット

 











heavenese.jpg

Sources Sourcesオフィシャル ウェブサイト











そして、HEAVENESEも演奏いたしました。


all.jpg

最後は、出演者全員で初めて「見あげてごらん夜の星を」を
しみじみと歌いました。



また、イベントを盛り上げるために、
山崎まさよしのPVにも出ちゃったキックバックが生んだご当地アイドル「じゃんけん兄さん」も頑張ってくれました。
じゃんけん兄さんは現在2代目。日曜午後にあばれてます。

このアーカイブについて

このページには、2018年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ