2011.11.26 (Sat) キックバック茶屋
           〜大和魂文化祭〜

月刊スケジュールに戻る home

【チケット取り置き・当日清算

E-mailの件名をイベントタイトルにし、氏名・電話番号・E-mail・人数をお知らせください。

チケットのご購入・お問い合わせ

E-mail info@kickbackcafe.jp
TEL 03-5384-1577
通常営業時間内:
火〜土 11:00〜22:00
(水曜18:00まで)
日曜 13:00〜21:30



今年の夏、渋谷で話題を呼んだ「大和魂祭」が
仙川にもやって来た!
和の心を体験し、和の美しさに癒されよう。
お客様参加型の、大和魂文化祭です。

(主な内容)
・書道体験コーナー
「年賀状の干支(辰)を墨で楽しく書いてみよう♪」

・ふろしき体験コーナー
「これであなたもエコ美人!?風呂敷って超便利!を楽しく体験♪」

・和太鼓、尺八のライヴもあります。

【出演】
神永大輔(尺八)
井上智彦(和太鼓)
加藤掌心(書導家)
横山功(ふろしき王子) 他

イベントスタート 17:00
ライブスタート 19:00

【入場料】
一般:前売2,000 当日2,500(+1オーダー制)
中高生:前売1,000 当日1,500(+1オーダー制)
※小学生以下無料

神永大輔(尺八)プロフィール

都山流尺八師範(竹号は耀山)
54期NHK邦楽技能者育成会合格
EYS音楽教室西新宿校尺八コース講師
千葉大学文学部日本文化学科ユーラシア言語文化講座卒業
都山流尺八准師範検定試験、師範検定試験ともに首席登第

5歳からピアノをはじめ、大学のサークルで尺八に出会う。
これまでに曽我哲山、クリストファー遙盟、小湊昭尚の各師に師事。
都山流、琴古流それぞれの奏法を学ぶ。
2007年頃から、都内を中心にライブ活動を開始。
どんな音楽や表現にも即興で合わせて演奏ができる表現の幅の広さに定評がある。
サポートメンバーとしての演奏活動、レコーディング参加多数。2010年に、いわきアリオス小ホール、都内の浄土宗寺院・観智院本堂で「神永大輔尺八リサイタル」を開催。
古今東西ジャンルを問わず各ライブや演奏会、結婚式、パーティー会場にて活動。
新宿区の音楽学校や、練馬区の尺八教室、各地の大学の講義などで尺八を伝授。

オフィシャルサイト

井上智彦(和太鼓)プロフィール

川崎で太鼓を始め、全国のイベントや国際親善の海外公演に参加。
1998年、高田 淳と共に「太鼓DODAN-PA」を結成。
全国各地での演奏やライブ活動・多数のミュージシャンと共演・テレビ出演や学校での音楽鑑賞会、そして太鼓の指導も行う。 国際交流基金事業で2002年に日本インド/日本スリランカ国交50周年記念公演、2003年に和太鼓デモンストレーションとしてスイス・スペイン・ポルトガル公演、2005年にベトナム公演、2007年に中東湾岸諸国(イラン・クウェート・カタール・バーレーン・オマーン)公演を行い各地で好評を博す。

プロフィール
 動画

書導師 加藤掌心(書家)プロフィール

1971年、北海道札幌市出身。
76年に書道と仏道に邂逅し精進する中、17歳でフリーに。
2005年に渡米後、3ヵ月間に渡るストリートパフォーマンスで注目を浴びる。
帰国後は、学校講演、祭祀での大書パフォーマンス、個展開催、テレビ番組出演など多岐にわたる活躍を見せる中、仏教のエッセンスを取り入れた作風へと進化。
風水、占星術、氣学によって導いた構成が開運に繋がると話題に。
現在も、書作品、看板、商品ラベル、表札、Tシャツデザインなど、対象を問わない新たな「書」の可能性に魅せられたファンが日増しに増えている。

主な作品は、「大信州豊乃蔵」書(大信州酒造)、「金魚マッコリ」水墨画(秋田酒造)、被災地支援プロジェクト灯りのありかプロジェクトロゴ揮毫など。

オフィシャルブログ

ふろしき王子 横山功 プロフィール

昭和54年9月9日浅草生まれ。
武蔵野美術大学卒ふろしきライフデザイナー。
幼いころより、生き物と自然を愛してそだつ。
学生時代に風呂敷と出逢い、そのあまりの便利さと無限の可能性に魅せられる。
日々、結んでひらいて、風呂敷自体も縫いながら探求をつづける。
風呂敷からつながり、世界の布の歴史、着物、和食、住まいや自然環境、古来の身体動作までテーマが広がる。
実用本位でありながら古くさくない便利で新鮮な風呂敷術に特徴があり、エコロジーや伝統文化にとどまらず
非常・防災やアウトドアにおける使い方も提案している。
とある温泉旅館の女将より「ふろしき王子」と名付けられ、現在は各地で使い方ワークショップ、テレビ、ラジオ出演、雑誌の連載などを行なっている。

NHK文化センター講師。

オフィシャルサイト  動画
 
 

 

月刊スケジュールに戻る home